※出会い系サイトで「二者択一法」を使ってモテる!!※

2136167530578850503_thumbnail

※出会い系登録時の注意点はこちら※

出会い系サイト無料紹介所

二者択一法とは

今回紹介するテクニックは、一度に二つの選択肢を送り、選んでもらう!という効果を利用したものです。

例えば、出会い系でメールのやり取りをしてて、お互いの雰囲気が良い感じになってきたと感じたときには・・・

遊びに行く約束をしたい時

「今度、ご飯食べに行こうよ」と誘うだけでは、「忙しいんだよね…」と、すぐに断られてしまうかもしれません。それは、ここでの返事の選択肢が「行く」か「行かない」かの二つだからです。

なので、「今度の土曜日か日曜日、ご飯食べに行こう」と誘ってみます。

すると、相手の意識は「行く」か「行かない」ではなく、「土曜日」か「日曜日」になります。これは、「選ばせる」テクニックです。

どういう選択肢を作るか

もちろん、「土曜日か日曜日」と誘っても、二日とも相手の都合がつかない場合は断られます。なので、この二者択一法を利用する場合は、相手にとって都合が良さそうな選択肢を与えることが前提です。

例えば、「土曜日か日曜日」と誘うのなら、相手の仕事や学校が土日休みであることが大切。

日程に限らず、洋食好きの女性を誘うなら、「お寿司かしゃぶしゃぶ食べに行こう」ではなく、「イタリアンかフレンチ」で誘うなど。

相手の都合や好みなどがわからない場合は、「軽く食べに行かない?それかお茶とかでもいいし」と言えば可能性は広がります。「まぁ、お茶くらいならね」となるのです。

突然誘うのではなく…

例えば、
「遊びに行くなら、海とか山の自然系と渋谷とか六本木の都会系どっちが好き?」
「どちらかと言うと、都会の方が好きかな」
「じゃあ、渋谷みたいににぎやかなところと、六本木みたいに大人の街っぽい感じだったらどっち?」
「よく行くのは渋谷だけど、六本木とかも行ってみたいな」
「じゃあ一緒に行こうよ。土曜日か日曜日あたり」という具合です。相手が「こっちが良い」と答え、「じゃあこっちに一緒に行こう」に繋がりそうな問いを投げます。
「AかBだったらどっちが好き?」の問いに「NO」では答えられません。

「NO」と言わせずに、自然に「土曜日にデートするか、日曜日にデートするか」を相手に選択させるのです。

ぜひ試してみてくださいね!

てゆうか、今日はエロ要素0!!笑。

もう少ししたら、出会い系を使って会えた体験も紹介していきますね。

今まで出会った子の写真はいっぱいあるんですが、最近は中々写真OKが出ない。泣。

今までのをちょっとずつ小出しにしていきます。笑。

と言っても、結構たまっているので。。

<PC☆MAX!>

「出会い率NO,1!!ユーザー支持率NO,1★」

【会員】600万人
【年齢】10代(18歳以上)~30代

【女性】完全無料
【男性】前払ポイント制
【特典】100pt無料
【1pt=】10円

PC☆MAX

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
登録後まさかの100ptプレゼント!!

 

優良出会い系サイト体験レポート!

本当に会える出会い系サイト!

必ず会える出会い系サイト!

マジで会えるセフレ専門出会い系サイト!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中